代表あいさつ

私の自己紹介をいたします。
名前をエドワーズマイケルと申します。年齢は65歳になります。沖縄在住46年になります。1971年に那覇市出身の女性と知り合い、晴れて「ウチナームーク」になりました。 私には42歳の娘と40歳の息子の2人の子供がいます。娘は琉大付属病院に勤める医師と結婚し3人の子供がいます。息子は現在、東京でエグゼクティブディレクターとして証券会社JPモルガンに勤めております。

この度、合同会社ジェネシスの代表に就任しました、ビジネスパートナーには息子のデイヴィッド・エドワーズが就任してくれました。沖縄には過去、米軍基地に勤務し、民間では保険のセールスマン、基地の営業担当者、アリコグループの保険会社であるパイオニア アメリカではマネーシャーとして働きました。2006年に北谷町上勢頭にて不動産会社アメリカンファミリーハウジングを設立し、その後売却しました。

現在、私は周りの親切な人々、沖縄の習慣、そしてなによりもこの美しい島が大好きです。このような素晴らしい平和な場所で仕事をして家族と生活をすることに幸せを感じております。

家族は沖縄で非常に大切な文化です。合同会社ジェネシスの願いはお客様に不動産サービスを提供するだけでなく、スタッフ全員がこの大切な文化で接する心構えでお客様を迎えられる会社になることです。

私どもの会社について時間を割いて読んで頂き誠にありがとうございます。今後とも皆様方に私どものがモットーとする「家族の気持ちで」サービスを提供させて頂くことを楽しみにしております。

2015年12月 合同会社ジェネシス
代表社員 エドワーズ マイケル